立ったり座ったりの動作で激痛が走る『ぎっくり腰』の改善例-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

【患者さま】

30代 女性 会社員

 

【来院理由】

2日前の朝起きたら、急に右腰からお尻が痛くなった。立ったり座ったりする時に激痛が走り、それ以外はダルさが常にある。昨日は痛くて寝れなかった。様子を見ていたが2日前と痛みが変わらない為、通院歴のある当院に来院された。

 

【来院時の状況】

坐位から立ち上がるに腰に激痛が走り恐る恐るゆっくりしか立ち上がらない。すべての動作で痛みを感じるが歩いていると少し痛みは緩和してくる。

 

【検査上の異常】

・骨盤のゆるみ(右>左)

・右股関節屈曲制限・開排制限

・右の仙腸関節部に圧痛

・右足の感覚麻痺(本人自覚なし)検査で確認

 

【施術】

・左右の骨盤整復

・右股関節整復

・腰にテーピング

・腰のアイシング

 

【経過】

施術後、立ち上がりの動作の痛みが消失。同時に腰のダルさの消失を確認。アイシングを指導して治療終了。

 

【考察】

普段から足を組む癖があり、そういった日常生活の小さな負担の積み重ねが今回の左右の骨盤の異常(特に右側)を引き起こした結果、腰の痛みが発生したと考えられる。ほとんどの腰痛は日常生活の中の腰への小さな負担の積み重ねの結果であり自分自身が作り出している場合がほとんどである。今後ぎっくり腰を起こさないために足組をしないなど日常の動作の改善と骨盤安定のためにウォーキングをするようにアドバイスしました。