バスケットボールの練習中に負傷した足首捻挫の症例-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

今回の患者さまは甥っ子です。足首の捻挫なのですが、スポーツ特有の重度の捻挫の症例です。

 

【患者さま】

甥っ子

11歳 男の子

【受傷状況】

バスケットの練習中に相手選手の足の上に乗っかってしまい、右足首が90°に曲がり負傷。(母親が目撃)直後から歩行不能になり足首全体がパンパンに腫れ、そのまま病院へ行き、レントゲンを撮る。「足首の捻挫」と診断されて、シップを処方されて、歩行不能のため松葉杖を貸してもらう。受傷当日、母親である姉から連絡があり翌日診ることに。

 

【レントゲン写真】

甥っ子のレントゲン写真です。

↓左足正面から(正常側)

↓右足正面から(負傷した足)

左足に比べて右足の赤〇青〇の骨と骨の間隔が広いのがわかります。

今回の損傷は人の足の上に乗ってしまいそれを避けようとして足首を強く捻ってしまい、その瞬間に関節が離開してしまい同時に靱帯がその負荷に耐えれずに断裂引き起こしてしまい、重度の捻挫を引き起こしました。

 

【受傷翌日の初見時】

右足首は外側がパンパンに腫れていて、地面にかかとをついた瞬間に痛みで体重がかけられないため家の中はケンケンで歩く状態。

 

【検査での異常】

・右の骨盤の異常

・右の足関節の背屈制限

・右の足関節の底屈制限

 

【施術内容】

・右の骨盤の整復

・右の足関節の整復

・テーピング

・アイシング指導

・体操指導

 

↓足関節の整復例

 

 

 

↓足関節の施術に使った道具

 

【足関節早期改善のためにしたアドバイス

アイシングは毎日最低2時間。

右足が多少痛くてもしっかり体重をかけて歩くように。
(その方が治りが早いから)

あとは下の体操をしっかりやるようにアドバイスしました。

 

足首の捻挫の改善体操はこちら

足首の痛みのテーピング法はこちら

 

※今回の捻挫では外側の靱帯及び関節を痛めたのですが、上記で紹介している内側に貼るテーピングはすごく効果的ですので捻挫をした際にはぜひ上記の方法をお試しください。

 

【経過】

初回施術後、右足を地面につけて体重をかけて歩行が可能になる。その後は、痛みがあっても意識して体重をかけるようにアドバイス。(できる範囲で)

3日後には軽くなら走れるようになるが、方向転換の時に痛みを感じる。階段を降りるときに痛みを感じる。

初回時に痛みがかなり軽減して、受傷3日後の経過もかなり良かったのでこのまま早期に改善するかなと考えていたのですが、足関節の可動域がなかなか改善せず、1割くらいの痛みがしばらく残りました。

週に1回診ていたのですが、足関節の可動域が正常になるまで3週間かかり、可動域の改善と同時に痛みもなくなりました。

 

【まとめ】

たかが捻挫と思われがちですが、捻挫はその時にしっかり治さないと痛みがズルズルと長引いたり、捻挫を繰り返したりその後のスポーツに影響を及ぼします。

痛みが治まっても捻挫をしていない方と比べて関節の可動性が悪い場合はちゃんと治っていない可能性が高いです。

捻挫がちゃんと治ると関節の可動性は必ず正常になりますので。

もし、捻挫をする前と比べて関節の可動性が悪いなぁ、動きが硬いなぁと感じる方は上記の体操をしっかりやってみてくださいね(^^)