【腰痛】尻もち後の腰の激痛の改善例-坂井市春江町ひまわり整骨院

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

尻もちを付いた後に腰の激痛を発症した方の症例です。

 

【患者さま】

80代 女性

 

【来院までの流れ】

当院に来院する1ヶ月半前に庭でつまずき後ろに右の臀部に尻もちを付く。

尻もちを付いた瞬間は痛みはなく、お尻を触っても痛みはなかった。

翌日の朝、腰が痛くて起きられない、なんとか起き上がると腰がドーンと重い(下に引っ張られる感じ)。

尻もちの翌日以降上記の症状に加えて、立っていても座っていても寝ていても、すべての動作で痛みを感じるようになる。

尻もちから5日後、整形外科でレントゲン。レントゲンでは異常がみられず痛み止めとシップを1週間分処方。様子をみるように言われる。

痛み止めを飲んでも痛みが変わらず、近くの整骨院を受診。

5回くらい通院したが、症状変わらず。

ご紹介で来院されました。

 

【痛みの場所】

 

【来院時の状態】

・歩行時に腰に痛みがひびく

・座る動作も痛いので常に体が緊張している

 

【当院の検査での異常】

・右の骨盤の異常

感覚を調べるルーレット検査で右足の感覚異常がみつかる(これが問題)

 

【施術内容】

・右の骨盤の整復処置

・腰の筋肉を緩める

・テーピング処置

・腰のアイシング(自宅で実践してもらう)

 

【経過】

初回来院時は上記に施術を実施。施術後は特に症状変わらず来院のままの痛み。この日から家でのアイシング1時間を実践してもらう。

2回目来院時に朝の起床時の痛みが少しだったと報告を受ける。座った状態から立ち上がると腰に鉛が付いているように重い。腰の2回目の初回と同じ施術内容を実施。

3回目来院、朝の起床時の痛みはかなり改善したと報告を受ける。座った状態から立ち上がるとやはり腰は重いが症状は軽くなっている。この日の施術後、ルーレット検査で足の感覚異常が正常になる。

4回目来院時、すべての症状の消失を確認。施術を終了とする。

 

【まとめ】

今回の症例は尻もちを付いた瞬間にその衝撃で骨盤の機能を壊してしまい、腰の強い痛みを引き起こしました。

尻もちがきっかけで発症した腰痛は治りにくいので、「年齢が高齢なので症状改善までは時間がかかります」とご本人にお伝えしていたのですが、予想に反して比較的早期に改善しました。

尻もち後の腰の痛みでお悩みの方は、お気軽にご相談ください(^^)

 

福井県坂井市のひまわり整骨院-LINE予約

 

福井県坂井市のひまわり整骨院-お問合せ

 

    施術の流れ

    ご予約・お問合せ方法

    ※予約制となっております。

    1. お電話
    2. お問合せ・ご予約フォーム
      予約フォームでお問合せ・ご予約が可能です。
    3. LINEで予約&お問合せ

    LINEで予約-坂井市春江町のひまわり整骨院

    診療時間

    【診療時間】

    平日   午前   9時00分~12時00分

             午後 13時00分~19時00分

    ※ 木・土 13時00分まで

    休診日:日祝

     
    9:00-12:00
    13:00-19:00

    店舗情報

    店舗名

    ひまわり整骨院

    坂井市春江町のひまわり整骨院

    所在地 〒919-0402
    福井県坂井市春江町大牧2-12-55

    定休日 日・祝
    駐車場 3台
    院長 五十嵐 孝典(Takanori Igarashi)