爪の形が悪くて人前で足を出すのが恥ずかしい!【爪の変形】

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

変形した爪でお悩みの方の症例です。

 

【患者さま】

50代 女性

 

【来院理由】

10年以上前から右足の第2指の爪が変形していて、恥ずかしくて人前で足が出せないので何とかしてほしい。爪が伸びてくると靴にあたって痛い。若い頃は足が痛くても我慢しながらヒールを履いていたとのこと。(おしゃれのため)

 

【来院時の爪の状態】

見えにくいかもしれませんが、赤〇で囲んだ部分の爪がまっすぐ生えずに横に向かって生えています。

《図で説明》

写真の爪の状態を図で説明すると下の図のようになっています。

本来、爪は指の皮膚に密着しながら生えてくるのですが、長年のヒールでの圧迫により爪がうまく生えていない状態になっていました。

 

【施術方法】

まずは表面に覆いかぶさっているいらない爪を除去します。この余分な爪が正常な爪が生えてくるのを阻害しているのでしっかり除去していきます。

↓↓↓この状態の爪を

↓↓↓この状態にしていきます。

《施術後の状態》

専用の器具を使いながらちょっとづついらない爪を除去していきます。

《真上から》

↓↓↓↓↓

《正面から》

↓↓↓↓↓

施術後の状態がこの方の本来の爪の状態です。今までは余計な爪が覆いかぶさっていたので爪が正常に生えてくるのを阻害していたので施術によって正常な状態にしました。少し痛々しく見えるかもしれませんが、施術自体は全く痛みを伴いませんのでご安心ください(^^)

いらない爪を除去したら次は爪が正常に生えてくるようにテーピングを行います。

 

【テーピングをする理由】

赤〇で囲んだ部分がちょっとふくらんでいるのが分かりますか?赤〇の部分に爪の製造工場があるのですが今まで肥厚した爪に圧迫されてうまく正常な爪が出てこれなくて赤〇の部分で爪の停滞を起こしてしまい、そのためにその部分が少し膨れているのです。テーピングをすることで正常な爪が生えるのを促してくれます。

テーピングの方法は別の記事を参考にしてください↓↓↓

テーピングの方法はこちら

 

あとはご自身で毎日テーピングをしてもらうようアドバイスし、定期的に来院していただき、爪の状態を確認しながら正常な爪が生えてくるように施術していきます。

 

【爪の変形でお悩みの方へ】

爪の変形でお悩みの方の多くは女性で人前で足を出すのが恥ずかしいからというのが当院に訪れる方の多い来院理由です。変形した爪で来院されるのすべて方が元通りのきれいな爪になるわけではありませんが、多くの方がお悩みから解放されているのも事実です。

爪の形が気になって人前で足を出すのが恥ずかしいとお悩みの方は一度当院の施術をお試しください(^^)