歩くと痛い【うおのめ】の施術例-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

福井市にある治療院ひまわりの五十嵐です。

 

うおのめの症例です。

 

【患者さま】

40代 女性

 

【来院動機】

立ち仕事をしていると足の裏の魚の目が痛くて、かばうような歩き方になる。

最初は自分でピンセットで取っていたが、自分ではこれ以上無理だと思い来院。

 

【魚の目とは】

皮膚の最外層にある「角質」が靴などで長期間圧迫を受け続けると起こる角質肥厚のこと。

角質の肥厚が皮膚を押し下げて、皮膚の下の神経を刺激しだすと痛みを感じるようになる。

一番の対処方法は、分厚くなった角質を取り除くこと。

外反母趾の方は【うおのめ】発生率が高い理由-福井県福井市の治療院ひまわり

 

《イボと似ているので注意しましょう》

魚の目によく似た皮膚疾患に「イボ」があります。見た目は魚の目と似ているのですが、イボがウイルス感染により起こる皮膚疾患で、へたに触ると感染が広がる可能性があるので注意が必要です。

似ているようで違う【うおのめ】と【イボ】の違いについて-福井県福井市の治療院ひまわり

 

【うおのめの施術方法】

 

【来院時の魚の目の状態】

2,3指の下に大きな魚の目があります。

うおのめ(角質)が皮膚に深く食い込んで、強い痛みを起こしていました。

 

【魚の目施術後】

きれいに取れて、歩いても全く痛みは感じなくなりました。

 

【まとめ】

魚の目の原因は人それぞれで靴による圧迫や外反母趾による足の形状の異常などです。

当院の施術で魚の目をきれいに取り除くことは可能ですが、魚の目ができる原因そのものを取り除かなければやはり再発してしまいます。

当院では施術後、自分でできる「魚の目ケア法」をお教えしていますが、これをしっかり実践されればすぐに再発することはありませんので、下に掲載している「自分でできる簡単魚の目ケア法」を参考にされてください。

自分でできる簡単『うおのめ』ケア法-福井県福井市の治療院ひまわり

 

LINE・メールで無料相談実施中!

こちらをクリック⇓⇓⇓

治療院ひまわり-お問合せ