膝が痛い時におススメの【効果的な改善体操】-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

ひざ痛の症例&改善体操について

 

【患者さま】

60代 女性

ひざの痛みで来院されました。

【来院理由】

3年前、バレーボールをしていて左膝の痛みを感じる。徐々に痛みが強くなったため、整形外科を受診。レントゲンで膝の変形からの痛みと説明を受ける。月に1回のヒアルロン酸の注射、痛み止めの薬を続けるが、昨年10月頃から徐々に正座が出来なくなる。

現在の症状は歩行時に膝の前に強い痛みとこわばり感、しばらく座った後の立ち上がる時に膝に痛む。最近、膝を曲げ伸ばしをする際に、膝がゴキゴキ鳴るのが気になる。お姉さんの紹介で来院されました。

 

【初回治療時】

検査で左の骨盤におおきな緩みと左の股関節の異常を確認。

左の骨盤と左の股関節を処置後、歩行時の痛みが大幅に改善。同時に膝のこわばり感も改善。

腰とひざにテープをはり、膝の体操を指導して終了。

今後は状態に合わせて治療内容を組み立てる。

 

【考察】

当院の統計では膝の痛みの95%は骨盤の異常からくるものであり、今回の患者さんも骨盤の異常が膝の痛みを引き起こしたと考えられる。

今回の症例も骨盤の動きと膝の動きを正常化した結果、症状が緩和されました。

 

【ひまわり流】ひざ痛改善体操

ひざ痛 改善体操の姿勢

膝を軽く曲げて、太ももの下の方に両手を置いた状態からスタートします。

なるべく姿勢を正しましょう。

軽く膝を圧迫した状態でスタートします。

ご自身の膝に体重がかかっているのをしっかり意識しましょう。

膝から上の上半身は固定した状態であまり動かさないようにします。


↓↓↓上記の状態から膝を少し曲げた状態で3秒間キープ

3秒間キープしたらスタートの位置に戻ります。

この時、写真にある三角形をキープすることを意識しましょう。

これを5回繰り返します。5回1セット×3回を毎日実践しましょう。

この体操をしっかり実践されれば軽度の膝の痛みであればかなり軽減していくはずです。

膝の痛みでお悩みの方の参考になれば幸いです(^^)

※上記の体操を1週間くらいやっても痛みが軽減しない場合は、本格的な治療が必要な場合もありますので、ご相談ください。

 

24時間LINEでご予約・ご相談できます。

友だち追加

 

お電話・メールでのご予約・ご相談はこちらから

予約・問い合わせ