爪がうまく生えてこない人はこのテーピングやってみてね♡

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

親指の爪を机の角にぶつけてから爪がきれいに生えてこない…

爪に内出血を起こして以来、爪がきれいに生えてこない…

 

当院にはいろんなお悩みの方が来られます。

爪の形で悩んでいる方はホントに多いです。

 

↓↓↓例えばこういう爪

 

↓↓↓こういう爪とか

女性の場合、これからの時期足を出す機会が多くなるので爪の形が変だから人前で出すのが恥ずかしいので何とかしてほしいって相談がこの時期多くなります。

こういう爪の場合、爪が正常に生えてこれない状態になってしまっているので正常に生えてきてくれるようにすることが大事なんです。

 

爪が正常に生えてこない人の爪は上の写真の赤丸の部分がちょこっと盛り上がっています。

赤丸の部分が爪製造工場で皮膚の中で作られた爪が皮膚の外に出てくるのですが、うまく出てこれずに、目詰まりを起こしている状態なんです。(この表現分かります?)

 

当院での処置はまず爪を成形します。

分厚い爪を薄く削ったり、爪の形を整えたり。

 

↓↓↓施術例

↓↓↓分厚い爪を削って正常な厚さに整えます

あとは家でテーピングをしてもらい、爪が正常に生えやすい環境を整えるだけ。

今回はテーピング方法をお伝えしますね。

ぜひ実践してみてくださいね。

 

説明用に写真を撮ったのですが、うまく伝わらないと思うので全然わかりませんって方はお問い合わせください。

 

テーピング方法


①まず爪の横側にテープを引っ張りながら貼り付けます

②反対側も同じようにテープを引っ張りながら貼り付けます

③爪先側にも同じように皮膚を引っ張りながら貼り付けます

完成です。

 

真上から見るとこんな感じ

裏から見るとこんな感じ

あとはうまく生えてきてくれることを祈るだけ

爪の形でお悩みの方はぜひお試しください(^-^)

 

ちなみに上記で使用しているテープはこれ⇓

ドラッグストアに200円ぐらいで売ってます。