産後から腰が痛くて炊事場に立っているのがつらい方の改善例-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

産後に腰が痛くなり、炊事場に立っていると腰が痛くなる方の症例です。

 

【患者さま】

30代 女性 産後8ヶ月

 

【症状】

産後半年くらいから腰から左お尻が痛くなり、炊事場に立っているのがつらくなる。現在、産後8ヶ月になるが症状はさらにひどくなる。それと以前から左足親指にしびれがあり、気になる。しびれは常に感じるとのこと。

ネットで当院を見つけてご来院いただきました。

 

【来院時の状態】

左腰~お尻の症状は立位でひどくなるため来院時の症状はないが、左お尻に違和感がある。(右側にはない違和感)左足親指のしびれは常に感じている。

 

【検査での異常】

・左の骨盤の異常(強い異常)

・右の骨盤の異常

・右の股関節異常

・左足首の異常

・左足親指の感覚異常

 

【施術内容】

・左の骨盤の整復

・右の骨盤の整復

・右の股関節の整復

・左足首の整復

・腰のテーピング

・骨盤体操指導

・さらし指導

 

【施術後】

腰からお尻が軽くなり、しびれはほぼ消失しました。今後、炊事場に立っているときに症状が出るようならばアドバイスした体操をするようにし、1週間しても症状があるようならもう一度ご来院くださいと伝え治療を終了しました。

 

【考察】

左の骨盤はすごく悪くて普段からイスに座るときに左のお尻から強く座る癖があることが想像できました。その動作の繰り返しが骨盤の障害を作り、さらに出産で骨盤の緩みを誘発し、今回の腰から臀部の痛みを発症したと考えられます。

 

【感想】

お話を聞くと、産後に「トコちゃんベルト」を短期間巻いたそうです。確かにトコちゃんベルトは簡易的なので巻くのは楽ですが、産後の骨盤保護のためには当院では「さらし」をおススメしています。

 

正しいさらしの巻き方はこちら

 

さらしは巻くのがめんどくさいしトイレに入ったら巻き直さないといけないので、小さなお子さんがいたら、そんなことしていられないかもしれませんが、産後に骨盤の異常を残してしまうと一生症状に悩まされることもめずらしくありませんので、骨盤の安定だけではなく、母体保護の意味でも「さらし」はものすごく万能ですので、めんどくさがらずにぜひさらしを巻きましょう(^^)