病院では安静しかないと言われたシーバー病の改善例-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

シーバー病の症例です。

 

シーバー病とは

踵骨骨端症(シーバー病)は、10歳前後の男の子に多くみられる病気で、かかとの軽い腫れ、圧痛(押すと痛いこと)、歩行時痛が主な症状です。過激な運動のあとに症状が出ることが多く、かかとの痛みのため、かかとを突いて歩くことができない場合も多いです。

症例

【患者様】

10歳 男の子

 

【来院動機】

昨年の12月くらいからバスケの練習中に左の踵(かかと)に痛みを感じるようになる。今年3月から右の踵(かかと)にも痛みが出るようになる。

3月頃からバスケの練習後には両方のかかとが痛くて歩行にも支障をきたすようになる。

福井県で有名なスポーツ外来で診察を受け、両足のシーバー病、左足のアキレス腱炎と診断を受ける。病院ではふくらはぎのストレッチと運動を休むようにと指示される。そのお医者さんから治るまで1年間くらいかかると言われる。

ストレッチを実践しているが、なかなかよくならないのでご紹介で来院されました。

 

【来院時の状態】

歩行時に痛くて両方のかかとを地面につけれない状態で来院。痛みの部位を確認するためにかかとを押すように触ると悲鳴を上げるくらいの強い圧痛(下の図の赤色部分に痛み)。

【当院が考えるシーバー病の発生機序】

  1. 骨盤に異常が発生
  2. 太ももの後ろの筋肉やアキレス腱に上に引っ張る張力が発生
  3. アキレス腱が踵の骨を引っ張り炎症が発生し痛みを生じる(下の写真の緑色の丸の部分に痛みが発生)

 

【検査での異常】

・左右の骨盤の異常

・右の股関節の異常

・左右の足関節の異常

 

【施術内容】

・骨盤を正常にする施術

・股関節の施術

・両足関節の施術

・テーピング

・アイシングの徹底

 

 

【経過】

初回施術後、歩行時の痛みが少し楽になったが、やはり踵を付けて歩くと痛みがあるので踵に体重がかけれない。

2回目来院時に、痛みが10段階の6になったと報告を受けるがやはり痛い。

5回目の施術日先日にバスケの練習に参加。痛みぶり返す。痛みはまだ強いが骨盤がかなり安定してきている。

6回目、朝起床時の踵の痛みがなくなったと報告を受ける。(朝は踵が地面に付けないくらい痛かった)歩く時の痛みもかなりなくなったとのこと。

7回目、すべての症状の消失を確認し、治療を終了としました。

 

【感想】

当院の臨床経験上、シーバー病の痛みは「骨盤の異常」からきていることが多く、骨盤を正常にすることでほとんどの症状は治っていきます。病院で「成長痛だから、運動をしばらく休んで…」と言われた子の多くが当院の施術でシーバー病の症状から解放されています。

これは、シーバー病が成長の過程によって起こるものではないということではないでしょうか?

今回の患者さんも、骨盤が正常になると同時に踵の痛みも治まっていきました。

ストレッチを指導することもしないし筋力をつける運動もしません。

どこに行っても治らないシーバー病でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

お力になれると思います(^^)

 

【今回の患者さんのお母さんからお声をいただきました】

当院へ来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

シーバー病で思うようにバスケやスポーツができなく色々な病院で診ていただいても、スポーツを休み安静しかないと言われたけれども、どうしても参加しなくてはいけない大会があり…

 

当院に来院されて現在その症状はどうですか?

練習にも参加し同じメニューをこなせるようになり、試合にも間に合いほぼほぼ痛みもないようです。

 

当院は他の治療院と何が違いますか?

根本をしっかりと治していただけること。毎回しっかりとした説明をしていただけるし、日々気を付ける事など色々教えてくださることがすごく勉強になりました。

 

最後に同じように悩まされている方へメッセージをお願いします。

成長痛は10才前後の子がなることが多く、その時期がこなければ痛みはとれないと言われていますが、根本的な場所をしっかりとケアすれば短期間で痛みが取れることを知りました。諦めていた試合のも参加でき最後まで走り切った事まで本当に感謝です。

 

お声をいただきありがとうございました(^^)