病院で手術を勧められた巻き爪の改善例-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

巻き爪の症例です。

 

【患者さま】

40代 男性

 

【来院動機】

1か月前から左の親指の巻き爪による痛みを感じるようになる。

痛みを感じだした当初は我慢ができる程度だったが、最近急に痛くなり病院を受診。

手術を勧められるが2週間後に出る予定の水泳の大会は出れないとお医者さんに言われ手術を断念。

何とかならないかとネットで色々調べて当院を探してくださり、ご来院いただきました。

 

【来院時の巻き爪の状態】

巻いている爪が皮膚に食い込んで赤〇部分の皮膚が赤く腫れあがっています。

だた、手術をするほどの状態ではないなと思ったのが、率直な意見です。

 

【巻き爪の施術方法】

特殊な巻き爪専用の器具を使用して、巻いている爪を引っ張り上げます。

ほとんどの場合、この器具を装着した時点で痛みはなくなります。

 

【巻き爪施術後の状態】

器具装着後、痛みがその場でなくなりました。

手術しなくてよかったぁとおっしゃっておられたのが印象的でした(^^)

 

【感想】

巻き爪が痛いのは、巻いている爪が皮膚に刺さることで炎症を起こして痛みを感じるのですが、当院で使用している巻き爪専用の器具を装着すれば皮膚に突き刺さっている爪を引っ張り上げるので、その場で痛みが取れます。

巻き爪でお悩みの方はぜひご相談ください。

その場で痛みがなくなることをお約束します(^^)

 

 

巻き爪施術についてよくいただくご質問

施術は痛くありませんか?
施術による痛みはほとんどありませんので、ご安心ください。ただし、巻いている爪により皮膚に炎症を起こしている場合は、施術をする過程で炎症部位の近くを触ることになるので少し痛みを感じる場合がありますが、痛くないように心がけて施術を行いますのでご安心ください。
1回で痛みはとれますか?
ほとんどの場合、その場で痛みはとれます。痛みをその場で取るのは可能ですが、巻き爪そのものを直すためには、やはり1回の施術では難しく、数回の施術が必要になります。
深爪をしすぎて痛みがあるのですが施術は可能ですか?
もちろん施術は可能ですし、施術によりその場で痛みはなくなります。

上記以外に気になることがあれば、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

丁寧にお答えさせていただきます(^^)