産前・産後のママさんへ~さらしの正しい巻き方-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

産前・産後のママさんへ


今回は、安全な妊婦ライフを送るために産前・産後の骨盤の安定のために『安全で正しい”さらし”の巻き方』をお伝えしたいと思います。

 

なぜ『さらし』が必要なのか?


日本人の女性の骨盤はとても小さいため出産に向けて骨盤が緩まなければ、赤ちゃんが産道を通ることができません。そのため出産に向けて、徐々に骨盤が緩み産道を確保します。

骨盤が緩む過程で過剰に骨盤が緩みすぎてしまうと様々な症状を発症することがあり、さらしを巻くことで骨盤の過剰な緩みを防止し症状を予防してくれるのです。

 

【さらしをする意味】

骨盤を桶に例えるなら「さらしは箍(たが)」の役割をします。箍(たが)がなければ桶は緩んでしまいます。

桶を緩めずその役割を果たすために箍(たが)があり、産後の緩んだ骨盤を正常な状態に導いてくれるのがさらしなのです。

↓↓↓桶と箍(たが)

桶と箍↓↓↓さらし
さらし

 

このような方におススメです


〇産後の腰痛に悩んでいる

〇産後、恥骨が痛くて歩けない

〇産後からお尻や太ももが痛い

〇妊娠中の尿漏れに悩んでいる

〇妊娠中、足がよくつる

〇足がむくむ

〇便秘

これ以外の症状でもさらしをしっかり巻くことで改善できる症状がありますので、ぜひさらしの効果を体感してください。

 

さらしの選び方


当院でおススメしているのは「犬印 妊婦帯(たんじょう)岩田帯タイプ」です。

 

さらしの巻き方


立った状態で巻きます。

巻く時はお腹を軽くへこますようにして巻きましょう。

 

⇓ 矢印の所からスタートです。

⇓ お腹を軽くへこませながら巻いていきます。

⇓ お尻を包むように、グルッと1周巻きます。

⇓ 今度は赤丸で囲んだ所に向かって巻いていきます。

⇓ 背部を回って反対側に向かって巻いていきます。

⇓ 斜め下に向かい巻いていきます。

⇓ お尻を通って、最初のスタート位置に戻ります。

 

注意すること


決して引っ張って巻いてはいけません。

さらしの上端はへその位置より高く巻かないようにしましょう。

※さらしの上端がへそよりも高い位置にくる場合は、さらしを巻く場所を間違えている可能性があります。

※さらしは毎日左右交互に巻くようにしましょう。

 

最後に


妊娠・出産は女性にとって大変大きな出来事です。出産を機に腰の痛みや恥骨の痛みで歩くのもままならない方を多く診てきました。そんな方にはさらしが本当におススメです。

先人の知恵である「さらし」の効果をぜひ体験してください(^^)