産前・産後のつらい症状でお悩みなら当院にお任せください

産前・産後の腰痛産前産後の腰痛産後の…

お尻の痛み…

産後の恥骨痛…

産後のひざの痛み…

産後のお体の痛みでお悩みの方へ

当院では骨盤を整えて(正常にして)あなたの産前・産後の症状を改善していきます

このようなお悩みありませんか?

出産後、恥骨が痛くて歩けない
出産後に腰の痛が痛くて、最近お尻のほうまで痛くなってきた
腰の痛みが強くて出産が不安
出産後、急に腰が痛くなって育児もままならない
出産後、腰が痛くて子供を抱っこできない
出産後、腰が痛くて赤ちゃんをお風呂に入れる態勢がつらい
出産後、ひざが痛くて正座ができなくなった

上記でお悩みの方は当院へお越しください。当院が必ず解決します。

 

産前・産後の骨盤について

産前・産後は、一番骨盤がゆがみやすいのをご存知ですか?

妊婦さんの腰痛

女性には体が大きく壊れやすい時期が3回あります。

1回目が初潮期

2回目が妊娠・出産期

3回目が閉経期

この2つ目の妊娠・出産期は特に骨盤が壊れやすいので注意が必要です。

産前・産後は出産に向けて骨盤が徐々に緩むために(赤ちゃんの通り道である産道を作るために骨盤が緩む)一番骨盤がゆがみやすい時期です。出産後に骨盤が緩みっぱなしになると腰痛、肩こり、頭痛などに悩まされる方も多く、腰痛や恥骨痛、ひざの痛みがひどくて育児もままならない方を多く診てきました。

妊娠、出産期の骨盤をいかに安全にケアをしていくかが大事になります。

 

妊娠・出産によって骨盤に起こる変化

日本人の骨盤は出産で大きく緩む

出産時の骨盤日本人の骨盤は欧米系の人たちと比べてとても小さいので、出産時には骨盤を緩める(ゆるむ)ことで赤ちゃんの通り道である「産道」を確保します。

出産2週間前から緩み始め、出産後一気に緩んだ骨盤は締まるのですが、この時に緩んだ状態が残ってしまうと後々いろいろな障害となってしまうことがありますので、この場合は骨盤のケア(骨盤の治療)が必ず必要になります。

 

骨盤矯正という言葉が独り歩きしている…

産後ダイエット女性誌などで「産後の骨盤引き締め」や「産後の骨盤ダイエット」などの言葉をちらほら見ますので、出産を経験された方はご自身の骨盤を気にする方も多いのではないでしょうか?

「産後は骨盤がゆがむ」という言葉だけが独り歩きをしていて「産後は骨盤矯正をしなければいけない」と思われている方もいるようですが、下で紹介している「さらし」をビシッと巻いていれば出産で緩んでしまった骨盤を引き締めてくれるので、へたな矯正を受けるよりもよっぽど安全で正確です。ぜひ「さらし」を巻いて産後の骨盤を正常な状態に戻しましょう。

 

間違いだらけの産後の骨盤矯正

 

間違った産後の骨盤矯正-ボキボキ整体産前・産後のデリケートな骨盤に対してボキボキしたり、体をひねるような強い刺激やゴムで縛って骨盤矯正なんてのはもってのほか!そういう施術をやればやるほど取り返しのつかない腰痛や頭痛に悩まされることもあるので注意が必要です。

産前・産後のデリケートな骨盤だからこそ愛護的なケアを心がけなければいけません。

 

産後の骨盤には矯正よりも”さらし”が一番

産後のさらしの固定方法

《妊娠・出産・産後を安全に過ごすために》

出産時は骨盤が緩むことで赤ちゃんが産道を通り、出産となります。そして産後の緩んだ骨盤を元通り戻す役割を果たすのが「さらし」になります。さらしをすることで骨盤を歪みからを守ってくれるだけではなく産前、産後の腰痛やその他の痛みから体を守ってくれますので先人の知恵である「さらし」のすばらしさを体感してください。

さらしを正しく巻くことで妊娠中の尿漏れやお腹が大きくなることで起こる妊娠中の腰痛や出産後の腰痛などにもとても効果的です。

 

産後の症状の改善例

産後から腰が痛くて炊事場に立っているのがつらい方の改善例

産後の腰痛、左股関節痛の改善例

出産後から膝が痛い・正座ができない方の改善例

産前・産後のママさんへ~さらしの正しい巻き方

 

産前・産後の体の不調の原因は骨盤にある

産後の体調不良の原因は骨盤にある

出産が近くなると赤ちゃんの通り道である産道を確保するために必ず骨盤は広がる(骨盤の関節を緩めることで赤ちゃんの通り道を作る)のですが、問題は出産後も広がったままになってしまうことです。

骨盤が広がったままになると、

  • 腰痛
  • 恥骨痛
  • ひざの痛み
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 坐骨神経痛
  • 足のしびれ
  • 改善しない体の不調

など様々な症状につながってしまいます。

産後の症状を改善するには、広がってしまっている骨盤を正常な状態にすることが症状改善には最優先になりますので、産後の症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

骨盤って一体なに?

骨盤について漠然としたイメージをお持ちの方は多いと思いますが、骨盤が「正常な状態ってどんな状態?」「異常な状態ってどんな状態?」とご質問を受けますので、ご説明します。

正常な骨盤の状態

正常な骨盤の状態を模型を使って説明

まず骨盤の異常を説明するためには正常な状態とはどのような状態なのかをご説明します。

正常な状態とは上の図のように仙骨が寛骨にしっかりはまり込んでいる状態をいいます。

しっかりはまり込むことにより関節が(仙腸関節と恥骨)バランス良く動き、正常に機能するようにできています。

 

異常な骨盤の状態

異常な骨盤の状態を模型を使って説明1

異常な骨盤の状態を模型を使って説明2

異常な状態とは仙骨が寛骨にしっかりはまり込んでいない状態、すなわち片方に過剰に荷重がかかりすぎている状態もしくは片方にしっかり荷重が乗っていない状態をいいます。

片方に荷重がかかりすぎているからといって、反対側には荷重がかかっていないという相対的なものではなく、左右両方に荷重がかかりすぎている場合もあるし、左右両方に荷重がしっかり乗っていない状態もあります。

この状態では骨盤全体が正常に動かず、これがやがて体全体の動きの不具合につながり、様々な症状の原因に繋がっていきます。

上記の歯車の黒丸部分が骨盤と仮定します。この歯車の中心部分が正常に機能しないと全体の動きの異常につながります。この歯車同様に骨盤の異常は全体の動きの異常につながり、様々な症状を引き起こすことになります。

産後の骨盤はとてもデリケートです。上記でも説明していますがこの時期の「さらし」は骨盤だけではなく母体保護の意味でもとても重要ですので、ぜひさらしをご活用ください。

また産前・産後に出てきた症状がなかなか改善しない場合には、本格的な骨盤の異常が考えられますのでなかなか改善しない症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

産後の骨盤のゆがみの間違ったイメージ

ほとんどの方が産後の骨盤は「大きくゆがんでいる」と思われているようですが、実際にはほんの僅かな「ゆがみ」なんです。多くの方がイメージする「骨盤のゆがみ」は上の写真のような「ゆがみ」ではないでしょうか?大きく傾き、いかにも「ゆがんでいる」のがわかります。

実は、これは間違いです。

産後の骨盤はこんなに大きくゆがむことはありません。実際のゆがみはわずか数mmです。数mm程度の僅かなゆがみが後に体に大きな影響(症状)をもたらすようになります。ですので産後の骨盤を触る時には生まれたての赤ちゃんに触れるくらいの優しい力で触れなければいけません。

 

このような症状の方が来院されています

  • 産後、腰痛に悩まされるようになった
  • 産後、恥骨が痛くて歩けない
  • 腰が痛くて子供を抱っこできない
  • 産後、頭痛に悩まされるようになった
  • 産後、ひざが痛くて正座が出来なくなった
  • 産後から坐骨神経痛に悩まされるようになった
  • 産後から体のダルさが取れなくなった

 

【ひまわり流】産前・産後の骨盤矯正

やさしく骨盤を触り、整えます

産前・産後の骨盤矯正骨盤が現在どのような状態なのかを検査により確認し、適切な施術方法を決定し施術を行います。

股関節を整えます

産前・産後の股関節矯正横向きになり股関節を整えます。

お腹を圧迫しない安全な体勢で施術を行います

背骨の矯正お腹を圧迫しない体勢で施術を行えるベッドもご用意しておりますのでお腹の大きな妊婦さんも安心して施術を受けられます。

 

よくあるご質問

産後の骨盤矯正はいつごろから受けられますか?
基本的には出産直後からでも構いません。今まで来院された患者様の中には病院で出産後に退院した足で当院に来院されて骨盤矯正を受けられた方もおられます。
出産前はいつまで骨盤矯正は可能ですか?
当院の骨盤矯正はとてもお体にやさしい矯正ですので、出産直前でも受けることができます。過去、当院に来院された患者様の中には出産予定当日に来院されて、予定通りその日のお子様がお生まれになった方もおられます。当日の骨盤矯正が効果したのか出産は分娩室に入って1時間もしないうちにお生まれになった大安産だったそうです。
産後の骨盤矯正はしばらく通った方がいいですか?
当院ではご本人に産後のお体の症状がない場合は、無理に骨盤矯正をする必要はないと考えています。もし出産後に何かしらの症状が出てきた場合には、骨盤に異常を生じている可能性がありますので施術が必要になります。その場合は、通院が必要になります。通院に関しましては骨盤が安定するまではなるべく詰めて来ていただくように提案しております。それは通院頻度が空いてしまうと施術効果が薄れてしまうためです。もちろん育児や家庭の事情もあると思いますので通院頻度に関しましてはあくまで提案ですのでご検討いただければ幸いです。
出産後から恥骨付近が痛いのですが…
当院の過去の臨床上、産後に出てくる症状の中でなかなか治りにくいのが「恥骨痛」です。本来ならば恥骨は強靭な靱帯で止められているため、恥骨に痛みがでることはあまりないのですが、恥骨の痛みを生じた場合は、「本格的な骨盤の異常」が発生している可能性があるため、必ず治療が必要になります。恥骨周辺の痛みでお悩みの方は一度ご相談ください。
出産後、お尻の痛みが出てきたのですが…
腰からお尻にかけての痛みは、産後に当院に来院される方の中で多い症状です。当院の臨床実績上比較的治りやすい症状ですので、お悩みの方は一度ご相談ください。
産後、骨盤を矯正しないと太ると聞いたのですが?
この質問はよくいただくのですが、当院ではダイエット目的の骨盤矯正は行っておりません。あくまで産前・産後のお体の症状に対して「骨盤をお治しして」症状を改善していく治療院です。ですので産後にダイエット目的の方は当院では目的に沿うことはできませんので予めご了承のほどお願いいたします。捕捉しますと、出産に向けてお腹にいる赤ちゃんや出産の体力をつけるために食べ過ぎた状態や運動不足により太ってしまった状態を「骨盤矯正」で一気に痩せるはずはありません。「骨盤矯正ダイエット」とデカデカと宣伝しているお店もありますが、「骨盤矯正をすれば楽して痩せれる!」というのは大間違いです。はたしてそのような文言をキャッチフレーズにしているお店は本当に「骨盤の状態の良し悪し」を判断できるのかは非常に疑問です。産後のデリケートな骨盤に対してボキボキしたり、引っ張ったり、グイグイ押すような施術を受けてその後症状がひどくなり当院に駆け込まれた方は1人や2人ではありません。産前・産後のデリケートな骨盤だからこそより愛護的に触らなければいけません。

施術の流れ

ご予約・お問合せ方法

※予約制となっております。

  1. お電話
    • 0776-43-9536にお電話をお願いいたします。
    • 平日の9:00~14:00の時間帯にお願いいたします。
    • 上記以外の時間帯は混雑状況により電話に出られない場合があります。
  2. お問合せ・ご予約フォーム
    必要事項をご記入の上、送信してください。
  3. LINE
    下のQRコードを読み取っていただき、友達追加でLINEでのご予約が可能になります。

診療時間

【診療時間】

平日 午前 9時00分~12時00分

午後 13時00分~19時00分

土曜 午前 9時00分~13時00分

休診日:木曜・日祝

9:00-12:00
13:00-19:00

店舗情報

店舗名

治療院ひまわり

所在地 〒910-0016
福井県福井市大宮3丁目13-9 パール・コーポ1階
定休日 日・祝
駐車場 3台
院長 五十嵐 孝典(Takanori Igarashi)

お気軽にお問い合わせください。0776-43-9536受付時間 9:00 - 19:00 [ 日祝日除く、土は13:00まで ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。