腰痛の原因はイスの座面の傾斜にあった!正しいイスの座り方を福井県福井市の治療院ひまわりが解説

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回はイスの座面を見直そうです

 

こんなお悩み

\ ありませんか /

長時間イスに座っていると腰が痛くなる

最初は腰を伸ばして座っているのに徐々に腰が曲がってきて、気づいたら丸くなっている

あなたのその腰痛の原因はイスの傾斜に問題があるのかもしれません!

 

腰痛の原因は椅子の形状にあった

ほとんどのイスは上のように後ろに傾斜しています。この構造は背もたれによし掛かりやすいように作られているのですが、後ろに傾斜しているイスに座ると必ず骨盤は後ろに倒れることになり、腰が曲がり、この状態が長時間続けば腰への負担が大きくなりやがて腰痛を引き起こします。座面が後ろに傾斜しているイスではいくら背筋を伸ばして座るように意識しても骨盤は後傾しているので腰を伸ばそうとしても腰は伸びず腰への負担は軽減されません。

 

腰痛にならないイスの形状とは

腰に負担をかけない為にはイスの座面を前傾させることが必要です。イスの座面の傾斜を前傾させることにより骨盤は正しい位置におさまりますので腰の負担は大幅に軽減します。当院ではイスの座面が前傾する座イスをおススメしています。

 

この座イスをイスに置き、座ると骨盤が正しい位置にくるので楽に姿勢を正して座ることができます。

 

腰痛予防におススメのクッション

長時間の座位姿勢で腰痛にならないためには良い姿勢を意識するだけではなく、イスの座面が前傾した状態、もしくは平らな座面で良い姿勢を意識することが一番正しいです。

当院おススメの座イスは、座面が前傾しているため座ると背もたれにもたれかからなくても、背すじが伸びるように傾斜角度も考えられて作られています。

素材は高反発性の「ブレスエアー」という特殊素材を使っているため、座り心地が良く長時間座っていても疲れないのが特徴です。

普段使っているイスにそのまま乗せて使用します。

軽くて持ち運びができるので車に乗せたり、家の中や仕事のイスの上に載せて使用します。

おススメクッション2

「ヨックション」

 

これに座ると骨盤の後傾を抑制し、背筋を楽に伸ばせます。空気を入れて含ませるタイプなのでどこでも持ち運びができるので便利です。

 

事務職の方

長距離運転の方

長時間の座り仕事の方

で腰痛をお持ちの方は今回紹介したクッションを使用されることを強くおススメします(^^)

腰の痛みが少しでも良くなりますように

 

24時間LINEでご予約・ご相談承っています。

友だち追加

 

お電話・メールでのご予約・ご相談はこちらから

予約・問い合わせ