ヘルニア・坐骨神経痛の症状でお悩み方へ

ヘルニアのつらい症状…

つらい坐骨神経痛

どこに行っても良くならない

諦めているあなたへ


腰痛、坐骨神経痛の痛みの写真

 

こんなお悩み

\ありませんか?/

病院でヘルニアと診断された
ヘルニアの痛みと一生付き合っていくしかないと思っている
最近お尻まで痛くなってきた
病院でリハビリを受けているが良くならない
薬を飲んでいるが症状が変わらない
病院で教えてもらった体操をしているが治らない
もうこれ以上無理だと思い手術を考えている

そのお悩みお任せください!

腰痛の専門家

責任を持って施術致します

 

 

\患者様のお喜びの声

本当に良くなったねと周りからびっくりされます

斎藤様 50代 女性 坂井市

来院される前は、どのような症状で悩まれていましたか?
数年前から腰痛と足のしびれがあり、悩んでいました。
当院へ来院されて現在その症状はどうですか?
今は症状がほとんどなくなり、「本当に良くなったね」と周りの人からびっくりされます。

痛みがほとんどなくなりました

患者様の写真5

内田様 女性 30代 福井市

来院される前は、どのような症状で悩まれていましたか?
3年前から腰の痛みと右太ももの痛みがあって歩くのにも支障がありました。
当院へ来院されて現在その症状はどうですか?
痛みがほとんどなくなり最近では30分のウォーキングができるまでになりました。運動も少しずつできるようになりました。

先生の言葉に励まされました。

患者様の写真6

山崎様 女性 60代 福井市

来院される前は、どのような症状で悩まれていましたか?
ぎっくり腰から始まり、両方の腰から太ももに焼け付くような激しい痛みがあり、座ったり立ったりの動作が苦痛でした。とくに座っていることが出来ず、立ったままで食事をするという状態でした。
当院へ来院されて現在その症状はどうですか?
激しい痛みは早い段階で取れたのですが、長時間イスなどに座っている時の痛みが残り、治療を続けてしてもらいました。今はほとんど痛みもなくなり、座っての食事や出かけても苦にならなくなりました。

もっと早くこちらに来ていればよかったなと思いました。

患者様のお喜びの声9

M様 50代 女性 福井市

来院される前は、どのような症状で悩まれていましたか?
腰の強い痛みとおしりから足にかけての痛みがありました。
当院へ来院されて現在その症状はどうですか?
腰の痛みはまだ少し残っていますが、最初よりは大分よくなりました。おしりから足にかけての痛みも現在は9割くらいは改善されていると思います。

通院を重ねるにつれて痛みがなくなりました

E・M様 20代 女性 坂井市

来院される前は、どのような症状で悩まれていましたか?
3年ほど前に坐骨神経痛になり、いろんな整骨院に行ったが治らないと言われ日常生活で立っていても座っていても太ももの裏に痛みがありつらかったです。
当院へ来院されて現在その症状はどうですか?
通院を重ねるにつれて痛みがなくなっていき、今ではほとんど気にならなくなりました。

>>> その他のお喜びの声を見る <<<

 

なぜ?当院の

施術はこんにも

ヘルニア・坐骨神経痛の

症状が改善されるのか?

ヘルニアってよく聞くけどどんな病気?

坐骨神経痛の写真

ヘルニアとは?

ヘルニアを図で説明ヘルニアとは、組織の一部が組織の隙間を通って本来あるべき場所ではない部分にはみ出している状態のことをいいます。

腰部椎間板ヘルニアとは、腰の部分の背骨の間にある椎間板の一部(髄核)が外に飛び出す状態を「椎間板ヘルニア」といいます。飛び出た髄核が腰の神経を圧迫すると足の方まで症状が出だして、いわゆる坐骨神経痛を発症していきます。

 

坐骨神経痛ってどんな症状?

坐骨神経痛の発生場所

よく勘違いされることは多いのですが坐骨神経痛とは「診断名」ではなく「症状名」です。坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びる「坐骨神経」に沿って痛みが感じる状態をいいます。お尻の痛みやお尻から足にかけての痛み、太ももやふくらはぎの下肢の痛みの総称を指します。上記の図のような部分に痛みを訴えます。坐骨神経痛を引き起こす病気としては、「腰部椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などが挙げられます。

ヘルニアを例に出しますと、腰から足にかけて痛みが出てきたので、病院でMRIを撮ってもらったところ「椎間板ヘルニア」と診断され、「坐骨神経痛」という症状と説明を医師から受けた。というのが多いパターンです。

 

ヘルニアはどうやって診断するの?

ヘルニアのMRI画像MRIで腰部を撮影しヘルニア像が写れば「椎間板ヘルニア」と診断されます。

 

あなたのその痛み本当にヘルニアが原因ですか?

当院には病院で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されて来院される方が多いのですが、そのほとんどの方は当院の治療で無事にその痛みから解放されています。

当院の治療によって「椎間板ヘルニア」が治ったのでしょうか?

いいえ、違います。

当院の治療によって「ヘルニア」そのものを治そうと治療しているのではありません。

当院では「骨盤を治して」病院ではヘルニアからきていると言われている症状を改善しているのです。

当院に「ヘルニア」と診断されて来院される方のほとんどが、ヘルニアを治してもらえると思って来院されるのですがヘルニアを治すために一生懸命治療をしているのではありません。

私が治しているのは「骨盤の異常」です。

骨盤の図骨盤を正常に機能させる治療を行うと、いわゆる「病院ではヘルニアからきているといわれる症状」や坐骨神経痛が全て無くなってしまうのです。

では、当院の治療によって「椎間板ヘルニアそのもの」が消えたのでしょうか?

いいえ、ヘルニアはそのままなんです。(説明するのが難しいのですが)

これって、ヘルニアが症状の原因ではないことを示しているのではないでしょうか?

現に坐骨神経痛を発症し、いわゆるヘルニアのような症状で病院に行きMRIを撮っても全くヘルニア像が写らなかったり、逆にMRIではヘルニア像が写っているのに腰や足に症状が全くなかったりという方も大勢おられます。

当院ではヘルニアと診断された症状を改善することは可能ですし、実際ヘルニアと診断されて来院された方のほとんどはそのつらい症状から解放されています。

坐骨神経痛も同様に、骨盤の異常により坐骨神経にわずかな伸長力を発生させることで坐骨神経に沿って痛みを生じる「いわゆる坐骨神経痛」を発生させますが、これもやはり骨盤の異常によるものが大半だと考えています。

ヘルニアと診断されて症状が良くならない方は一度ご相談ください。

 

治療院ひまわりのヘルニア・坐骨神経痛の改善例

3年前から続く太ももの裏の坐骨神経痛の改善例

数年続いていた歩く時の腰の激痛の改善例

急に発症した足の激痛、しびれ、お尻の痛みの改善例

お尻から太ももの裏が痛くて歩くのが困難な坐骨神経痛の症例

足が痛くて夜中に目が覚める痛みの改善例

ほとんどのヘルニアは腰痛や坐骨神経痛とは無関係という事実!

続ければ腰痛に効果絶大!骨盤バランス体操

 

骨盤に異常を起こす原因について

骨盤に異常を起こしてしまう原因は大きく分けて4つです。

1つ目は、日常生活の動作により、徐々に骨盤の異常を引き起こしてしまう場合。

2つ目は、尻もちなどにより骨盤に強い外力が加わった場合。

3つ目は、前に転倒し、ひざを突いてその外力を骨盤で受けた場合。

4つ目は、出産などで骨盤に異常を起こした場合。

上記にいづれかにより、骨盤に異常を起こしてしまうと長年の腰痛に苦しんだり坐骨神経痛に悩まされたりします。

2~4つ目が原因の場合、腰痛が重症化する場合も多いので注意が必要です。

腰痛や坐骨神経痛のつらい症状を改善する方法は一つ「骨盤を正常に」することです。

 

骨盤が正常・異常ってどんな状態?

骨盤というのは寛骨という骨と仙骨をいう骨が合わさって「骨盤」を形成します。

正常な骨盤の状態

正常な骨盤を模型を使って説明

まず骨盤の異常を説明するためには正常な状態とはどのような状態なのかをご説明します。

正常な状態とは上の図のように仙骨が寛骨にしっかりはまり込んでいる状態をいいます。

しっかりはまり込むことにより関節(仙腸関節と恥骨)がバランス良く動くようになり正常に機能するようにできています。

 

異常な骨盤の状態

異常な骨盤の状態を模型を使って説明1

異常な骨盤の状態を模型を使って説明2

異常な状態とは仙骨が寛骨にしっかりはまり込んでいない状態、すなわち片方に過剰に荷重がかかりすぎている状態もしくは片方にしっかり荷重が乗っていない状態をいいます。

片方に荷重がかかりすぎているからといって、反対側には荷重がかかっていないという相対的なものではなく、左右両方に荷重がかかりすぎている場合もあるし、左右両方に荷重がしっかり乗っていない状態もあります。

この状態では骨盤が正常に動かずにやがて体全体の動きの不具合につながり、様々な症状の原因に繋がっていきます。

上記の歯車の黒丸部分が骨盤と仮定します。この歯車の中心部分が正常に機能しないと全体の動きの異常につながります。この歯車同様に骨盤の異常は全体の動きの異常につながり、様々な症状を引き起こすことになります。

腰の痛みや坐骨神経痛の症状の原因は「骨盤の異常」にあります。

なかなか治らない症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

このような症状の方が来られています

  • イスに座っているとお尻が痛くなる
  • 長時間座っているとお尻が痛くなる
  • お尻から足にかけつっぱり感がある
  • お尻から足にかけて痛みがある
  • お尻から足が痛くなり、長時間歩けない
  • 朝起きると腰が痛い
  • 歩いていてよくつまずく
  • 夜中に足がよくつってしまう
  • ブロック注射をしたが良くならない
  • 痛み止めの薬を飲んでいるが良くならない

 

当院の施術方法について

検査により骨盤の異常を調べます。

ヘルニア、坐骨神経痛の検査方法10以上ある検査により骨盤が現在どのような異常を起こしているのかを確認します。この検査で得られた情報に基づいて治療方法を決定します。

骨盤のバランスを整えます。

骨盤をやさしく整復します。お体にやさしい施術法ですので小さなお子様からご年配の方まで安心して施術を受けられます。

特殊な器具を使って背骨を矯正します。

ヘルニア、坐骨神経痛の治療方法福井県では唯一当院でしか取り扱っていない特殊な器具により、背骨を矯正して痛みを取り除いていきます。

骨盤を安定させる特殊テープを貼ります

ヘルニア、坐骨神経痛にテーピング方法

特殊なメッシュテープを貼ることにより、施術後の骨盤を安定させます。

体操指導で早期改善

ヘルニア、坐骨神経痛の改善体操骨盤を安定させる体操を指導させていただきます。この体操を行うことで骨盤が安定し早期改善につながります。

 

よくあるご質問

病院でヘルニアと診断されたのですが治りますか?
過去、当院に来院された方で病院でMRIを撮り「椎間板ヘルニア」と診断された方も多くおられますが、当院の施術でその多くの方がつらい症状から解放されています。当院の施術で症状が良くなった方は「椎間板ヘルニア」が治ったのかというと、そうではありません。当院の施術は「骨盤をお治しして」症状を改善させたのであって「ヘルニアを治した」のではありません。当院の実績からも病院でヘルニアと診断されても、その症状は十分治ると思っておりますので、お悩みの方は一度ご相談ください。
病院で坐骨神経痛と言われたのですが治りますか?
結論から言うと治ります。ですが、坐骨神経痛の症状が腰から抹消の方にいけばいくほど治りにくくなります。特に膝から下の外側の症状は比較的治りにくいので治療回数が多くかかる場合があります。
ヘルニア・坐骨神経痛の症状を1回で治してほしいのですが…
残念ながら1回ですべての症状を治すことはできませんし、治るまでの施術回数を断言することもできません。それはヘルニアや坐骨神経痛の症状は日常生活状況などの影響も受けるからです。同じような症状の方でもその方の生活環境によって治り方が違いますので、一概に何回で治るとは断言できません。1回で治ることをお求めの方は当院ではご期待に沿うことはできませんので予めご了承ください。
通院はどれくらい必要ですか?
通院頻度に関しましては、一度お体を診させていただいて、お体の状況にあわせてご提案させていただきますが、できれば最初は詰めて来ていただきたいと思っております。それは通院頻度が空いてしまうとせっかく施術した状態が元に戻ってしまうからです。症状が安定してきたら徐々に間を空けて行って卒業ということになります。
仕事や家事が忙しくてなかなか通院できないのですが
当院では症状をお治しすることを目的に全力で施術を行っております。症状が重ければ重いほど1回の施術では効果が出ない場合もありますし、例えば月に1回しか通院できない方の場合、なかなか改善することが難しいこともあります。ですので月に1回しか通院できないという方に関しましては施術をお断りするかもしれませんので予めご了承ください。

 

他院とどこが違う?

治療院ひまわりの

7つの特徴

その1:しっかりした検査で徹底的に原因を特定

しっかり原因を特定するのが当院のスタイルです。お体に負担のかけない検査で原因を特定します。

その2:施術実績6万人以上!ベテラン治療家が施術します

患者様の状態に合わせて刺激量を調整しながら施術をするのでお子様からご年配の方はもちろん、妊婦さんも安心して施術を受けられます。

その3:特殊な器具を用いて根本改善へと導きます

当院で使用する治療器具でやさしく痛みの部分を改善します。福井県では唯一当院でのみ、この施術を受けられます。

その4:痛くない、優しい施術が特徴です

当院の施術はお体に一切負担のかからない優しい施術ですので、女性の方や小さなお子様でも安心して施術を受けていただけます。

その5:丁寧な問診と説明を心がけています

時間をかけた問診でお話をしっかり伺います。不安に思うこと、施術に対して、症状に対して気になることがあればどんなことでもお聞きください。

その6:技術勉強会などによる技術向上

定期的に他府県の先生方が当院に集まり、技術勉強会を開いています。同じ志の先生方と色んな情報を共有し、さらなる技術向上に努めています。

その7:全国の優良治療院に選ばれました。

H28年6月、福井県で唯一「全国の優良治療院」に当院が選ばれました。

施術の流れ

ご予約・お問合せ方法

※予約制となっております。

  1. お電話
    • 0776-43-9536にお電話をお願いいたします。
    • 平日の9:00~14:00の時間帯にお願いいたします。
    • 上記以外の時間帯は混雑状況により電話に出られない場合があります。
  2. お問合せ・ご予約フォーム
    必要事項をご記入の上、送信してください。
  3. LINE
    下のQRコードを読み取っていただき、友達追加でLINEでのご予約が可能になります。

診療時間

【診療時間】

平日 午前 9時00分~12時00分

午後 13時00分~19時00分

土曜 午前 9時00分~13時00分

休診日:木曜・日祝

9:00-12:00
13:00-19:00

店舗情報

店舗名

治療院ひまわり

所在地 〒910-0016
福井県福井市大宮3丁目13-9 パール・コーポ1階
定休日 日・祝
駐車場 3台
院長 五十嵐 孝典(Takanori Igarashi)