繰り返すぎっくり腰でお悩みの方へ【対処方法】を福井県福井市の治療院ひまわりが解説

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

今回は、ぎっくり腰について

あの一瞬息が止まってしまうような激痛に襲われた瞬間の恐怖!次の瞬間から全く動けず、固まったまま時間だけが過ぎていく!ぎっくり腰を経験された方も多いはず!

ぎっくり腰とは一体何なのでしょうか?

 

ぎっくり腰とは?


ぎっくり腰とは一般的な名称で、正式名称は「急性腰痛症」といい、腰部の筋肉や 関節などに炎症を起こし、強い痛みを伴う状態をいいます。

 

ぎっくり腰の原因


ぎっくり腰になった人のお話を伺うと

・重いものを持った瞬間に

・体をひねった瞬間に

・中腰の状態から腰を伸ばした瞬間に

という方が多いのですが、実はこれらの動作はぎっくり腰のきっかけにはなったものの、本当の原因ではありません。

上記の動作なんて普段ならば日常のなんてことない動作のはずです。

しかし、腰の状態がその軽い負担でさえも許容できないくらい限界をむかえている状態 の時に日常のなんてことないちょっとした動作などのきっかけが入ると、一気に腰に応力が集中してしまい、いわゆる「ぎっくり腰」を起こしてしまうのです。

 

ぎっくり腰になってしまった時の対処方法


《激痛で動けないような場合》

あまりにも痛みが強い場合は、四つ這いの姿勢でゆっくりと顔を上下に動かして ください。

↓↓↓

少しずつ痛みが緩和してきたら次の体操を行ってください。

 

《痛みが少し軽減してきたら》

左右に体がぶれないようにゆっくりと体を前後に動かします。

↓↓↓

 

動けるようになったら畳の上でハイハイ運動


《ハイハイ運動の方法》

ハイハイをする場合は、畳の上で行いましょう。畳の部屋を広く使い、グルっと大きく1周します。1周回ったら、今度は逆回りに1周回ります。

これを数回繰り返すことで、腰の痛みが改善していきます。

 

《正しいハイハイ歩行》

・顔は正面を向きます

・なるべく背筋を伸ばして真っすぐ進みます

 

《間違ったハイハイの仕方》

・背中が丸くなっている

 

腰を徹底的に冷やしましょう


《アイシングの方法》

冷凍庫の氷をビニール袋に大量に入れ、それを直接腰に あてます。アイシングをするかしないかでその後の経過 が全然違いますので、少し冷たいですが頑張って冷やし ましょう。

 

ぎっくり腰を起こさないために予防するという意識が大事


ぎっくり腰を繰り返す方は

・今は痛くないからいいや

・痛くなってから対処すればいいや

こういった考えの方は多いのではないでしょうか?

普段からちゃんとウォーキングをしたり、日常生活の動作を気を付けて腰への負担をためないようにすれば、ぎっくり腰を起こす確率はグンと低くなります。

「痛くなってから」ではなく「痛くならないためにどうすればいいか」

ということを 意識しましょう!

 

24時間LINEでご予約・ご相談承っています。

友だち追加

 

お電話・メールでのご予約・ご相談はこちらから

予約・問い合わせ