腰、お尻が痛くて歩くのがつらい患者様の症例-福井県福井市の治療院ひまわり

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

【患者さま】

30代 男性

 

【症状】

3日前から腰と右のお尻に痛みがあり痛みが引かないため来院。立位、座位、歩行などすべての動作で痛みがある。横になると痛みが軽減されるがそれ以外の動作が痛くてつらい。3日前に痛くなった時と痛みは変わらなくずっと痛い。

 

【来院時の状態】

痛みのため、歩行はびっこをひいた状態。問診中、座っていても痛みを訴える。

 

【既往歴】

15年前から腰痛があり、2~3ヶ月に1度は強い腰の痛みに襲われるが、2日くらいで治まる。今回のように長引くのは初めてとのこと。

 

【骨盤検査での異常】

痛みが強いため詳しい検査ができず確認できた範囲での検査上の異常。

・右の骨盤のゆるみ(外傷性)

・左の骨盤のゆるみ

 

【施術内容】

・右の骨盤の整復

・左の骨盤の整復

・骨盤体操の指導

・腰のテーピング

 

【経過】

骨盤整復直後からお尻の痛みが消失し、腰の痛みをわずかに感じる程度になる。その後、1週間後に来ていただき調子が良いということと骨盤が安定しているので施術を終了としました。

 

【考察】

今回の症例では、右の骨盤に複雑な異常を持っていたので初回で骨盤がうまく整復されてホッとしました。剣道をされているということなので右足を踏み込んだ時の衝撃が頻繁に骨盤に外力として加わり、骨盤を傷害した結果、今回の腰、お尻の痛みにつながったものと思われます。

 

【まとめ】

今回の場合、症状が出てから比較的に早く来院いただけたので早期改善につながりました。今回は治療後、その場で痛みが消失したのですが、やはり症状発生からの期間が長ければ長いほどやはり治癒までの期間も長くなる傾向にありますので、お早目の治療をおススメします。